DQ歴代主人公が雑談するスレ25
【26-50】
[次]|[前]|[目次]

▼下へ

[26]:2008/11/07(金) 19:00:49 ID:l6rJMTIz0
新スレ序盤から腹筋崩壊ネタGJ!

[27]:2008/11/07(金) 20:16:23 ID:ApVwFB4v0
>3主「何ィ!?こんな腑抜けた味の代物がラーメンだとぅ!?ええい許せん、試食品とは言えど貴様は神聖なるラーメンの何たるかをまるでわかっちゃいない!そこをどけ!天に代わって俺が貴様にラーメンの真髄を叩き込んでくれるわ!」

もうお前ラーメン屋になれwww

[28] 1/2:2008/11/08(土) 13:55:48 ID:QuxWuyt3O
ヤバイ。プリンヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
プリンヤバイ。
まず甘い。もう甘いなんてもんじゃない。超甘い。
甘いとかっても
「角砂糖20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ乳製品。スゲェ!なんか定型とか無いの。焼きプリンとかカボチャプリンとかを超越してる。乳製品だし超甘い。
しかもプッチンできるらしい。ヤバイよ、プッチンだよ。
だって普通はヨーグルトとかプッチンしないじゃん。だって自分のヨーグルトが皿から零れたら困るじゃん。問答無用ではいはいサロンとか困るっしょ。
ヨーグルトプッチンして、最初のときは形保ってたのに、食べるときはケフィア状とか泣くっしょ。
だからヨーグルトとかプッチンしない。話のわかるヤツだ。
けどプリンはヤバイ。そんなの気にしない。プッチンしまくり。遠くの皿から到達するカラメルとか観測しても超美味いくらいプッチン。ヤバすぎ。
甘いっていたけど、もしかしたらほろ苦いかもしんない。でもほろ苦いって事にすると
「じゃあ、プリンのカラメルの存在意義ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超黄色い。クリーム色。ドラクエで言うと8主の上着。ヤバイ。黄色すぎ。バナナで対抗する暇もなく黄色い。
それに超なめらか。超しっとり。それに超クリーミー。黒ゴマとか平気で出てくる。黒ゴマて。健康志向でも言わねぇよ、最近。
なんつってもプリンは他の食材との合わせ技が凄い。クリームとか平気だし。
うちらなんてクリームとかたかだかクリスマス前で出てきただけで彼女出来ないからなかったことにしたり、5主がサロンサロンしてみたり、ケーキのデコレーションに使ったりするのに、
プリンは全然平気。クリームをクリームのまま扱ってる。凄い。ウマイ。
とにかく貴様ら、プリンの美味さをもっと知るべきだと思います。
そんなウマイプリンを錬金してる8主とか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。

[29] 2/2:2008/11/08(土) 13:56:34 ID:QuxWuyt3O
7主「で、なにこれ」
8主「ご存じ宇宙ヤバイを改変して、プリンを褒めたたえてみました」
7主「どんだけプリン好きなのさ」
8主「宇宙とおなじくらいです!即ち無限!ユニバース!フリーダム!」
7主「ふっ、甘いな!」
8主「ええプリンは甘いですよ!」
7主「そうじゃなくて、宇宙は膨張したあとどうなるか知ってる?……徐々に縮んでいって、いつかは消滅するのさ!」
8主「な、なんだってー!ビッグバンの使い手が言うと説得力がありそうなないような!それじゃあビッグバンの使い手7主さん=宇宙も膨張の末縮んでいる最中…はっ!」
7主「羊さんカモーン!」

5主「お、今日のおやつは黒ゴマプリンか。健康志向の4主らしいね」
4主「ゴマは老化防止に効果があるそうだ」
5主「それは遠回しなイヤミかいそんなひどい。で、向こうでは珍しく8主が羊と戯れているわけだが」
4主「何やってんだあいつら」
5主「で羊の居ぬ間に言っとくと、古来からゴマには性的な」
4主「あ、羊が方向転換したから俺逃げるわ」
5主「かの開けゴマという呪文にも実は…ってあれ4主そんなひどぬわー!」

[30]:2008/11/08(土) 15:16:12 ID:nNtpLEppO
8主、最後はおもいっきり自分褒めてるじゃねーかwww

[31]:2008/11/08(土) 15:38:29 ID:WkZDOySyO
やべぇ腹筋崩壊したwwwwww
どんだけプリン好きだよw

[32]:2008/11/08(土) 17:07:16 ID:QXPZf8xCO
いきなりコピペかと思ったらwww
そして4主w

[33]:2008/11/08(土) 17:52:34 ID:4odGkb920
最初新手の荒らしかと思ったwww
8主のプリン愛は異常杉wwww

[34]:2008/11/08(土) 21:08:10 ID:Ku2UDx/zO
サロン発言で方向転換する羊凄ぇwwwwww
つか、8の世界だけならお前も消滅する可能性あるぞ8主www

[35] 1/7:2008/11/09(日) 00:11:36 ID:F8SNXSLN0
4主「わあ、このショーケースの中の光のドレス、シンシアちゃんに良く似合うとは思わないかい?キャッキャウフフ」

7主「ねえ…皆」
3主「何も言うな7主。4主の至福の時間を邪魔してはいけない。俺達は4主の仲間として、あいつの幸せをぶち壊しにするような真似をしてはいけないんだ」
8主「まったくの同感です。例え傍から見える姿がどんな風に映っていたとしても、4主さん自身がハッピーならば僕らに何も言う権利はありませんよね」
2主「みんな、4主をあそこに置いたまま行っちゃっていいのか?」
3主「シーッ!黙っていなさい2主!あまりジロジロと見ちゃいけません!」
7主「あれ?そういや6主さんは何処行っちゃったの?」
1主「言われてみればいないな?折角のショッピングだっつーのに何処をほっつき歩いているんだ、あいつは」
2主「6主は迷子なのか?サマルをさがした時を思い出すな!」
8主「そろそろ5主さんとの待ち合わせ時間ですよね。早く6主さんを見つけないと遅刻してしまいますよ」
3主「グランバニアの方でやらなくちゃならんことがあるとか、5主の奴も何だかんだで忙しいんだな。ま、王様なんだし仕方がないか」
1主「ニートな御先祖はもっと忙しいぐらいが丁度良いかと思われます」
3主「あーあー聞こえなーい。まったく6主のフリーダムっぷりにも困ったもんだよな!」
7主「僕、1主さんの苦労が改めて良くわかった気がする」
8主「これまたまったくの同感ですね」

6主「………うおおおおぉ!!4主はいるかーーーーーっ!!!?」

7主「うわ!6主さん!?」
3主「噂をすれば怪しい影だな。ん?なんだありゃ、背中に何か背負ってるぞ」
2主「小さな女の子だな」
8主「6主さん、ついに…ああ何と言うことだ、世界を救ったレイドック王子ともあろう人が!」
6主「ん!?ああ、お前ら、4主が何処にいるか知らねーか!?お兄ちゃん人聞き悪いこと言ってる8主にツッコむ暇もねーんだよ!」
1主「キッチリ突っ込んでるじゃねーか……って、それはともかく、まずは6主。まずは大きく息を吸って」
6主「きあいため」
3主「腰を深く落として、真っ直ぐに拳を突くんだ」
6主「せいけんづき!」
8主「うわあ危ない!運良くミスってくれたから良いものの、当たってたら死んでましたよ僕!?」
2主「6主はたくさん特技を持っててうらやましいぞ」
7主「激しすぎるツッコミだね。ってーか2主さん、その感想は色々と間違ってるから」

[36] 2/7:2008/11/09(日) 00:12:56 ID:F8SNXSLN0
1主「余計なことすんなよ御先祖!ああもう、このままじゃ埒があかん!6主、まずは背中に背負ってるその子が誰なのかを説明してくれよ」
6主「おう。このショッピングモールを歩く道すがら、俺の中のお兄ちゃんセンサーがビンビンに高鳴ったのを確認した。マイお兄ちゃんハートに搭載されしこのセンサーは感度抜群、100%大当たり間違いなし!そしてその指示に従って歩いて行くと、そこには果たして一人お兄ちゃんを求めて咽び泣くこの妹の姿があったのだ!」
8主「ああ、要するに迷子の女の子を見つけたので一緒に親御さんを探してるって訳ですね」
6主「すわ8主!?どうしてお兄ちゃんの未来の発言を感知することが出来たんだ!?ひょっとしてお前は預言者か何かか。スゲェよ8主、カッケーよ8主!まるでグランマーズ婆さんみてーだ!」
2主「おお、8主はすごくてかっこいいんだな!」
8主「はっはっは。もっと褒めて下さい、尊びやがって下さい。でもグランマーズさんみたいって言い方は勘弁してくれませんかね」
1主「まあ何となく想像は付くけどな。ふむふむ、ほう、お母さんとはぐれて一人ぼっちになっちまったのか」
3主「そーかそーか。でも大丈夫だぞお嬢ちゃん、何せ俺達は世界を救った勇者様だからな。君のお母さんはすぐ見つけてやるともさ」
2主「おう!俺たちにまかせてくれ!」
7主「そういうことなら僕も協力させてもらうよ。大丈夫、お兄ちゃん達が付いていれば百人力さ」
8主「7主さんは外見だけなら寧ろ親とはぐれて彷徨う迷子ポジションなんですけどね」
7主「アルテマソー」
1主「わあ落ち着け7主!今はそんなことやってる場合じゃないだろ!?…それにしても6主、何だって4主を探してたんだ?」
6主「ああ、はぐれちまったお母さんを探すのはいいが、生憎と俺には顔がわからねーからな。そこで4主の出番だ!4主のモシャスでこの子のお母さんに変身して貰おうと思ってな」
7主「なるほどねー…え?ちょっと待ってよ6主さん!確か今の4主さんって…!」
8主「シンシアさんとのラブラブストロベリータイム中、ですよね…」
3主「やめろ6主!今はそんな風に命を賭ける必要なんてない筈だ!考え直せ、お前の為だ!」
6主「フッ…止めてくれるな。お兄ちゃんは妹の幸せの為には命を掛けなくちゃあならないんだ。何故ならば、それは俺がお兄ちゃんだからだ!」
3主「ろ、6主…!カッコイイ、今のお前ってヤツは格好良過ぎるよ!お前こそ本当の勇者だよ!」
2主「おお!6主はかっこいいんだな、すごいぞ6主!」
8主「頑張って下さい6主さん!例え万が一の結果になろうとも、骨だけはキチンと拾うつもりでいますから!」
6主「ありがとう皆…だが勘違いしないでくれ。何も俺自身が格好良い訳じゃない、お兄ちゃんだからこそ格好良いのさ!妹の前ならばお兄ちゃんは何時だってカッコイイ真似が出来るんだ!燃え上がる妹への熱きラヴこそ、世界最強の男の証なんだぜ!!」
3主「おお、6主よ!世界で一番強い男よ!」

[37] 3/7:2008/11/09(日) 00:14:21 ID:F8SNXSLN0
1主「……なあ。俺、突っ込むべきなのかな…」
7主「僕に聞かないでよ…」
4主「つーか、道端であんな恥ずかしい台詞を大声で張り上げてること自体にまずツッコミを入れてやるべきじゃないか?」
1主「まあそれはそうなんだが……って、うぉわ4主!?いつから居たんだ!?」
4主「お前らが女の子を連れ回しながらあんだけ大騒ぎしてりゃあ嫌でも気付くっつーの。ねーえシンシアちゃん?」
7主「(や、やっぱり『いる』んだ…ガクガクブルブル)」
3主「やったな6主。お前の熱く燃えたぎる灼熱の心が4主の理性を現世に引き戻したみたいだぞ!」
2主「6主のこころはあつくるしいんだな!」
7主「2主さんそれ違……くもないけど、でもやっぱり色々と違うよ!」
8主「ちぇっ。折角面白くなりそうだったのに…」
4主「何が面白いんだ8主?」
8主「いいえ、何でもありませんよ?4主さんを呼ぶ手間が省けて良かったなぁ〜とか、まあそんな感じですって」
6主「4主!実は折り入ってお前に頼みがある、お兄ちゃんの話を覚悟して聞いてくれ!」
4主「わかってる。その子の母親にモシャスで化けろって言うんだろ?でも悪いけど、そいつは無理だ」
6主「ガチョ〜ン!!」
8主「そんなひどい!4主さん、あなたそれでも人間ですか!?迷子になって一人悲嘆に暮れているこの子をお母さんに会わせたいとは思わないんですか!冷酷です、非情で冷血で残忍ですよ!それじゃあ4主さんが日々悪口雑言の限りを尽くして罵倒している悪の帝王マスタードラゴンと何も変わりはしませんよ!ああ見損ないました!僕は今日始めて、4主さんのことを見損ないましたとも!」
2主「4主、この子がかわいそうだぞ!」
4主「待て待て!お前ら落ち着け、俺のモシャスは変身したい相手が目の前にいないと使えないんだっつーの!っつーか8主テメェ俺をマスドラと一緒にしやがるとはどういう了見だ!?表へ出ろ、今日こそ決着を付けたろーかゴルァ!」
7主「うわぁ4主さん顔恐いよ!迷子のこの子が泣いちゃいそうだから落ち着いてってば!」
8主「いやーすみません、僕4主さんのことを誤解してましたよ。出過ぎた真似を言って申し訳ありません。後ついでにここがもう表です」
2主「俺もかんちがいしていたぞ。ごめんな、4主」
6主「あーあーごめんね、4主兄ちゃん顔が恐いもんねー。でも根はイイ奴だから許してあげてね、6主お兄ちゃんとの指きっりげんまんっ☆」
4主「…2主はともかく、他の連中の言い分が微妙に釈然としないんだが」
3主「まあ堪えろ4主。お前の気持ちもわからんでもないが、まずはこの子のお母さんを探す方が先決だろう。いや俺も不肖の子孫からニートだの彼女いない暦0年の喪男だとか散々な言われようでなぁ。うん、天空の勇者たるお前のくじけそうな気持ちに、この伝説の勇者ロト様もシンパシーを感じて仕方がないぞ!」
1主「アンタの場合はただ単に根っからのなまけもの体質が原因だろうが御先祖よ」   
2主「ご先祖たちは仲がいいんだな。でもいつも同じ話をしてばかりのような気がするぞ」
8主「これが所謂無限ループって奴ですよ、2主さん」
13主「「そんなひどい」」

[38] 4/7:2008/11/09(日) 00:15:54 ID:F8SNXSLN0
6主「…いや!しかしお兄ちゃんはやっぱり4主の助力が必要であるとの結論が出た!4主、お前今変化の杖を持ってないか?」
4主「あ、ああ、一応持ってはいるが…まさかとは思うが、6主お前」
6主「その通りだ!変化の杖でこの子のお母さんに変身するまで延々と杖を振り続ける!コレがお兄ちゃんのファイナルアンサーだ!」
7主「そんな無茶な!」
1主「正解に辿り着くまでどのくらい時間が掛かると思ってるんだよ、お前は…」
8主「もう各自で分散してお母さんを探した方が早いんじゃありませんか?」
2主「だったらまずはサマルトリア城に行かないとな。それから勇者の泉へ行って、ローレシア、リリザ…お母さんを見つけるのはたいへんだぞ」
7主「2主さん、流石に普通のお母さんにその行程を求めるのは酷ってもんだと思うよ…」
3主「変化の杖ならば俺の分も使うがいい!一本より二本、二つの変化の杖があれば化けられぬ物など何も無い!」
1主「御先祖、あんたの分はグリンラッドの爺さんに渡したんじゃないのか?」
3主「フフフ…甘いな1主。ゴールドパスをゲットした俺がすごろく場で入り浸っている間、あれよあれよと言う間に変化の杖を溜め込んだのを知らんのか」
1主「聞きたくもなかったよそんな話。っつーかあんたが無駄にヤル気満々なのが俺には信じられんよ」
6主「ありがとう二人共…では早速、この二本の杖は我が妹のお母さんを探す為の石杖、いやもとい礎へとさせてもらうぜ!ほーれリリカルマジカル、迷えるマイシスターのお母さんになーれっ♪」
7主「うわあ6主さんってばノリノリだぁ」
3主「ぶっちゃけかなり気色悪いな。アームライオンの背中に背負われた女の子もドン引きだ」
8主「って言うか僕ら全員アームライオンになってるじゃないですか! うわ4主さん、顔近付けないで下さいよ、恐いですって!下手な魔物より恐ろしげな容貌じゃありませんか!」
2主「俺は2主だぞ、近いほうのご先祖」
1主「違う、そいつは8主だ。俺はこっちだ2主」
2主「……誰が誰だかわからないぞ」
4主「なあ…俺ってそんなに凶悪な顔してるのか?」
3主「少なくとも今この瞬間に限って言えば、条件は皆一緒だ。だから気にするな7主」
7主「僕はこっちだよ…でも、傍から見ればアームライオン×7ひきだもん、確かにこれは恐いよね。…って、あれ?そういえばこの子は変身してないね?」
8主「多分、この子がまだパーティーメンバーとしてカウントされていないせいでしょうね」
4主「トムじいさんの背中を押しつつ変化の杖を振っても変身しないのと同じようなもんか」
6主「むむむ…失敗か。ならば今度は3主の杖で次の変身行ったるぞ!6主お兄ちゃん、トランスフォーゥメイションッ!!」
8主「おお!何だか急に6主さんが若くて綺麗なお姉さんに見えて来ましたよ!僕マヌーサか何か食らっちゃいましたっけ!?」
7主「でもこれは中々イイ感じだね。ねえお嬢ちゃん、この顔が君のお母さんの顔?…え、違う?そうか、残念だなあ…」
3主「気が付かなかった…これが本当のアタシ?アタシってこんなに綺麗だったのかしら…」
2主「きれいだぞ遠いほうのご先祖」
1主「いや思いっきり嘘偽りの姿だろ!いいからとっとと目を覚ませ!見ろよこの子の顔を、いい加減もう泣きそうじゃねーか!?」

[39]:2008/11/09(日) 00:16:01 ID:C0yoa+/gO
支援

[40] 5/7:2008/11/09(日) 00:17:43 ID:e9FPH1Lc0
7主「って言うか8主君が怒鳴るからもう泣いちゃったよ!まったく可哀想に、ビックリしたよねー、恐かったよねー。よしよし」
8主「ひどい!冤罪だ、不器用で無愛想で顔が恐いけどそこがチャーミングポイントの4主さんじゃあるまいし!」
4主「あぁん!?今喋ったのは間違いなく8主だな!てめえこのっ、中途半端に褒められても逆に気持ち悪いっつーの!」
2主「ケンカはよすんだ!みんながそんなんじゃあ女の子だって泣きやまないぞ」
7主「2主さんの言う通りだよ。ああゴメンね、今からお姉ちゃんになったお兄ちゃんがお歌を聞かせてあげるから泣きやんでおくれよ。じゃあ行くよ、羊かぞえ歌〜! ラララ羊さん、君エロス人〜ルルル羊さん、僕エロ委人〜ラリラリラリホ〜♪」
6主「………ぐうぐう、スピー、zzz…」
1主「おまっ、6主!お前が眠ってどーするんだよ!?わーっバランスを崩した6主の背中から女の子が落下……あれ、してない…?」
8主「それどころか、なんかこの子空中で静止しているんですが…」
4主「良かった、危ない所だった…ありがとうシンシア、その子を空中でキャッチしてくれて」
1主「シ…シンシア、さんだったのか…ああぁ、道理で。ははは…全く見惚れるくらいのナイスキャッチでしたよ…」
7主「抱きかかえられてる女の子も押し黙っちゃってるけどさ、これってショックで声も出ないだけだよね…」
3主「そりゃそうだろ…こんなことなら消え去り草で悪戯されてる方が余程マシだよ…」
2主「おおー、シンシアはすごいぞ!でも俺にはほんとにシンシアがやってるのか見えn」
8主「2主さん!それ以上は言ってはダメです!シンシアさんはすごかった、僕らはそれだけを感じればいいんです!」
1主「と、とにかく。言いだしっぺの6主が眠っちまった以上、後は俺達で何とかするしかないな」
4主「っつーかもう、普通に俺達が散らばってこの子のお母さんを探した方がいいんじゃねーか?」
8主「僕も全く以って4主さんと同意見です。珍しいことに、レアなことに、希少極まりないことに」
1主「お前は一言ずつ余計なことを言わないと気が済まないのか…8主、お前だけは誰が喋ってるのか良くわかるよ」
2主「8主と4主は息がピッタリなんだな」
3主「見た目はお姉さんなのに床に寝転がって爆睡する6主もな。では念の為、最後にもう一度…ドラクエ勇者ーズ、へんしーん!!」
7主「うわまだやるの!?もう変化の杖はいらないってばー!!」


5主「あ〜ん遅刻チコク〜!パパの名は5主、こんな風に街中を全力してるけど、実はかのグランバニア王国の王様なの。国のお仕事の都合のせいで、このままじゃ同じDQ主人公のお友達との待ち合わせに遅れちゃう!でも、こうやってお友達と一緒に遊ぶのもいいけど、どこかにパパと運命の赤い糸で結ばれた王女様とぶつかっちゃったりしないかしら…なーんちゃって!パパもう結婚しちゃってるから、そんなドラマみたいな出会いなんてあるわけないよね!あ〜あ、だけどホントに可愛らしいプリンセスと出会っちゃったりしたらどうなるのかしら!キャッ☆考えるだけでパパもうハートのドキドキが止まらないよ〜!」

ドスンッ☆

[41] 6/7:2008/11/09(日) 00:18:57 ID:e9FPH1Lc0
5主「あたっ!な、何なに?まさか本当に運命の王女様が…おお!これはまたお美しい!いや大変失礼致しました。急いでいたとは言え、貴女様のような見目麗しい御婦人に大変無礼な真似を。私の名は5主、実はかのグランバニア王国の国王を務めさせて頂いている者です。宜しければ、是非とも此度の失態を挽回させて……え?お子さんが迷子になっているので探している?そいつは大変だ!きっとお子さんもお母様に会えなくて困っていることでしょう!この5主、命に換えましてもお嬢様を探させて頂きますとも!そしてその後は、私のことを二人目のパパと思いしっぽりずっぽり――」
3主「おぉ!そこにいるのは5主か!よかった、丁度イイ所に!?」
5主「へっ?その声はひょっとして3主…ってうわあ!?」
1主「どうした7主…あっ5主じゃないか!」
7主「違うよ、7主は僕だよ!って、あれれ5主さん!もう来てたんだ!」
4主「5主が来たのか。それなら好都合と言わざるを得ないな」
8主「中々に美味しいタイミングですね。流石は5主さん、年の功!」
6主「復活のお兄ちゃんと5主の登場!今こそ俺達天空組の底力が発揮された時だな!」
5主「な、なんだい一体!皆してライノソルジャーみたいな顔しちゃって!思わずライノソルジャー×7ひきがあらわれた!とか思ってパパ咄嗟にバギクロスしちゃうぞー、って気分になっちゃったよ」
2主「俺は2主だぞ。らいのそるじゃーとまちがえるなんて、5主もあわててるんだな」
6主「細かい事情はこの妹の姿を見ればわかるだろう、5主!さあ一刻も早くお前の美女センサーでマイシスターのお母さんを探し当ててくれ!」
5主「いや全然わかんないよ!具体的に言うと皆の格好がライノソルジャー×7ひきって辺りが特に!あ、ひょっとして変化の杖使ってるの?道理でさっきからパパ内部の美女レーダーと魔物探知機がおかしな反応をするかと思ったら…」
8主「流石は5主さん、頼もしい限りです。さあ一刻も早くこの子のお母さんを!」
7主「さっきからずっとこんな風に泣きっぱなしなんだ。下手に泣きやませようとすると6主さんが寝ちゃうし…お願いだよ、5主さん」
5主「いやそれは君らの顔が恐いからじゃないかな…え?迷子の娘は魔物に捕まってるこの子?あ、ああ、そうでしたか。それはすごい偶然ですね…」
1主「何?この女の人が迷子のお母さんなのか!?」
3主「おお5主…お前、ただ単に人妻をナンパしてただけじゃなかったんだな!すげえ、スゲエよ5主!今のお前は輝いてるよ!今日という日はお前こそがナンバーワンだぜ!」
2主「かっこいいぞ5主!」
5主「あ、ああ、ありがとう…って言っちゃっていいのかな…?」

[42] 7/8:2008/11/09(日) 00:21:23 ID:e9FPH1Lc0
8主「さあ、お母さん!あなたの娘さんは我々が丁重にお預かりしています。ですが今こそあなたの下へお返し致しましょう!」
7主「あれ?なんでそんな風に5主さんの後ろに隠れちゃうの?」
3主「しかもなんか力一杯にしがみ付いちゃってるし!畜生、何羨ましい真似やってんだよ5主!」
5主「だって今の皆の格好って完璧魔物じゃないか!そりゃ普通の人は怯えもするし、自分の娘が魔物に捕まってるなんて光景は地獄絵図に見えても仕方ないよ。…ああ、でも、でへへ。人妻の熟れた肉体がパパの背中に密着して、二つの豊かな双丘の感触はまさしくこの世のパラダイスぬわーっ!!」
4主「な!?7主の羊……じゃないぞ、いや動き自体は怒涛の羊そのものだが、姿形は商人にしか見えない連中が5主を吹っ飛ばしたぞ!?」
8主「7主さんいつからトルネコに転職したんですか!?」
7主「うわひっど!今の8主君の言葉はアルテマソードよりも深く僕の心を抉り取ったよ!」
1主「いや…この場合、一番深く傷付いたのってトルネコなんじゃないのか?」
2主「ひつじたちもへんげのつえで変身したんだな!商人軍団みたいでつよそうだぞ!」
3主「だが流石だな、ちゃんと5主だけを狙ってお母さんにはかすり傷一つ付かないように突進をかましている」
7主「僕の羊さんは紳士だからね!僕と同様に、罪の無い人を傷付けるようには出来てはいないのさ!」
8主「でも狙った相手は決して逃がさないんですよね。ううむ、ある意味7主さんは僕よりも腹黒なのかもしれませんね」
4主「ま、5主の奴は気の毒だったが、とりあえずこれでお母さんの所にこの子を返せるな」
6主「グスン。例え離れ離れになっても、お兄ちゃんはいつでも妹のキミを見守っているからね」
2主「おかあさんと元気でな!」
8主「さあ貴女の娘さんです。僕も母娘の感動の再会に今から目頭が熱くなって来ましたよ」
3主「…なあ、どうしてこのお母さんは一歩ずつ後ずさっているんだ?」
1主「やっぱり5主を吹っ飛ばした怒涛の商人、いや羊を見てビックリしてるんじゃないか?」
7主「大丈夫だよ!羊さんは女の人には襲い掛かったりなんかしないもん!…え、オルゴ?あんなオカマ魔王はぶっちらばーたる!」

[43] 8/8:2008/11/09(日) 00:22:45 ID:e9FPH1Lc0
4主「…なあ皆、なんか遠くからパトカーの音が聞こえて来やしないか?」
8主「何か事件でもあったんですかねぇ?」
1主「しかも音が近付いて来るぞ。おいおい物騒だな、このお母さん達まで巻き込まれなきゃいいけど」
3主「だが見ろよ皆、お母さんも女の子もお互いの名前を力一杯に呼び合っているぞ。余程再会出来たのが嬉しかったんだな」
2主「おかあさんが見つかって本当によかったぞ」
8主「こうして二人が喜んでるのを見ると、僕らも頑張った甲斐がありましたよね」
6主「うおーん、お兄ちゃんは妹と離れるのが寂しいよー」
7主「もう6主さんったら…6主さんがそんなに泣いちゃってどうするのさ」
4主「ところで猛スピードで失踪して来た大量のパトカーが周囲を囲んで警官達が包囲網を敷いているのは何でだと思う?」
8主「しかもこっちに向かって警官が雪崩れ込んできますね?」
7主「抵抗するならばこの場でどーのこーのとかって言ってる風にも聞こえるよね」
2主「きっと悪いやつをつかまえに来たんだぞ!けーさつかんはそれが仕事だからな!」
3主「だったら俺達も手伝うか!何せ俺達は勇者だからな、折角再会出来たこの母娘を守る為にも、俺達が一肌脱ごうぜ!」
1主「御先祖…!ああ、御先祖の言う通りだ!よーしそうと決まれば、皆行くぞ!!」
234678主「「「「「「おーーーーーーっ!!!!」」」」」」


5主「とりあえず、二度とこんな悲劇が生まれないように変化の杖は今後暫く、永久に封印しようとパパは思うんだけど、皆はどうかな?」
123478主「「「「「「意義なし」」」」」」
6主「お兄ちゃん良いアイデアだと思ったんだけどなー…変化の杖使った人探し」
1主「それで皆揃って監獄にブチ込まれたら元も子も無いだろうが!」
8主「わざわざ迎えに来てくれた5主さんには暫く頭が上がりそうに無いですね」
4主「ゴメンネーシンシアちゃん、心配掛けちゃって」
3主「ヒィィ!やっぱここにも『いる』のかよ…」
2主「……人だすけって、むずかしいな」
7主「うん。僕も本っ当に同感だよ2主さん」
6主「あ、そうだ!だったら今度はアレも使おうぜ!特技のまねまね!これに変化の杖とモシャスを使えば今度こそパーペキだろ!」
1主「もうソレはええっちゅうんじゃあ!!!」

[44]:2008/11/09(日) 02:47:35 ID:GUDIlcFh0
何捕まってんだよ、お前らwww



[45]:2008/11/09(日) 05:29:56 ID:+sxj99bGO
6主SHTwww
まんべんなく笑ったwGJ!

[46]:2008/11/09(日) 09:46:36 ID:GZUR61vn0
GJ!!最後のくだりに腹筋がやばいww
>彼女いない暦0年
揚げ足をとるようだが、3主、それじゃ喪男にはなれねぇw

[47]:2008/11/09(日) 10:50:29 ID:huGDrFnE0
魔物×7と娘が同行してたらそりゃこえーよwwww
っていうか羊がwwwwwwwwwwwwwwww

[48]:2008/11/09(日) 12:23:04 ID:1YyLkuwFO
全体的にGJすぎる!
みんな輝いてるなぁwww

>1主「キッチリ突っ込んでるじゃねーか……って、それはともかく、まずは6主。まずは大きく息を吸って」
>6主「きあいため」
>3主「腰を深く落として、真っ直ぐに拳を突くんだ」
>6主「せいけんづき!」
>8主「うわあ危ない!運良くミスってくれたから良いものの、当たってたら死んでましたよ僕!?」

ここのテンポ好きw

[49]:2008/11/09(日) 17:06:41 ID:YajDWbyJ0
>5主「とりあえず、二度とこんな悲劇が生まれないように変化の杖は『今後暫く、永久に封印しよう』とパパは思うんだけど、皆はどうかな?」

結局、永久封印w
こういう細かい言い回しのネタも随所に散らばっててニヤニヤが止まらんww

[50]:2008/11/09(日) 17:48:07 ID:65bAsC2x0
セリフ詰め込みすぎて読み辛い
回りくど過ぎてつまらない
2・3レス目あたりで眠くなった

以上

▲上へ

[次]|[前]|[目次]

001-500
501-LAST