DQ歴代主人公が雑談するスレ12
【1-50】
[次]|[前スレ]|[目次]

▼下へ

1http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ff/1126906200/

1主「このスレでの簡単なお約束を紹介する。

・きついエロネタ、カップリングネタはサロン(21禁)で
・絵の投下はまとめサイトの絵板(ttp://bbs8.aimix-z.com/gbbs.cgi?room=ffdqchat)で
・主人公以外のキャラの雑談は関連スレで、出すならゲスト程度
・度がすぎるオリジナル設定には注意。キャライメージを崩しすぎないように
・批判的な意見、荒れそうな話題は批評掲示板(ttp://sea.advenbbs.net/bbs/ffdqchat.htm)でどうぞ

   …とりあえずはこれくらいだな」
3主「その他の詳しい注意事項は>>2-5あたりを参考にしてくれ」
1主「このスレもいまや12スレ目か…」
3主「ところで12スレ目は4+8=12で4主と8主の組み合わせを期待してた人も多いだろうに、何でお前俺たちといんの?」
8主「僕と4主さんじゃスレ紹介どころじゃなくなるんですよ。面倒なことに」
1主「お前と4主はホント仲悪いからな。鳥竜…ゴホン、犬猿の仲だから」
3主「ったく、こういう場でくらいケンカやめろっての! 」
8主「はいそれでは、鳥さんと他の皆さんによる詳しいスレ紹介をお楽しみ下さい!」

2名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 03:06:05 ID:sBMVmtvq
まりすみぜる

3http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1125877746/

4主「あのパワーをもう少し有効に使やいいのにな」
2主「6主はあのパワーで魔王を倒したじゃないか」
4主「あ…そういえばそうだったな」
6主「さらに、まとめサイト・避難所を紹介するぜ!」

まとめサイト(絵板あり)
ttp://www.geocities.jp/ffdqchat/
DQFF板ネタスレ避難所
ttp://jbbs.livedoor.jp/game/20629/

4主「先に言ったように、絵心のある人はまとめサイトから行ける絵版を利用して欲しい」
2主「ネタスレ避難所には色んなスレがあるぞ! 話題に乗り遅れてしまったら、名無しのだべりスレに行けばいいんだ!」
6主「避難所は行っといて損はないぜ!では次の方達どーぞー!」

4ハッサン:2005/10/30(日) 03:07:52 ID:/jU0uzxq

や ら な い か ?


5名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 03:07:52 ID:holQBjjX
女3主「私達はネタを書く人への注意をします…」
女4主「簡単だから皆さん守ってね(ボソボソ)(3主ちゃん、もっとこう…スマイル! )」
女3主「(ボソボソ)(無理だ!大体スマイルしても…!)」
 5主「コホン。まず、他のスレのネタや設定はここに持ち込まないように頼む」
女4主「ここは全年齢対象の板だから、21禁なエロネタはダメ!そういうのはサロンのスレでね!」
 5主「軽いエロは? 」
女3主「それは各自の良識に従って。加えて、実在の人物の誹謗、現実の事件をちゃかすようなネタはやめて下さい」
女4主「常に潔く黙って投下!"中の人が未プレイ""不満だったらスルー"とか書くのはやめる!」
 5主「職人が表に出ることを嫌う人も多いんだ」
女3主「キャライメージが掴めない時は、まとめサイトで過去スレを読んでみるといいです。
 避難所の『ネタ職人用スレ』で色々尋ねてみるのもいいです」
女4主「他の職人さんの話の結末を勝手に変えてしまう作品はやめたほうがいいわ。
 でも、他のネタの中で出た設定を有効活用するのは全然アリ!」
女3主「書いたネタの評価が気になる時は、避難所の『評価依頼専用スレ』で再評価してもらう事ができます。
 あと、このスレではコテハン・トリップの使用は控えて下さい」
 5主「皆で楽しむスレだからね」
女4主「数レスに渡るネタは、名前欄に『1/108』などレス数を書いておくと分かり易いし、割り込みが無くなるわ!」
 5主「108…なぜ煩悩の数?」
女3主「連続投稿は3回から規制されます。長めのネタは数回に分けて投下、とかの工夫をするといいです。
10レスを超えるようなら要注意。いつも読む人への気配りを忘れないで」
女4主「新しいスレ設定を作るのはやはり職人さん。でも限度というものを必ず念頭に置くように!」
 5主「つまりネタを書くなら、現行スレ・過去スレを熟読し雰囲気を掴んでからにしたほうが無難という事。
とはいえ無難なネタばかりではスレはつまらなくなる。時にはアブノーマルな行いも必要!
という訳で二人とも、これからちょっとアブノーマルな世界に踏み込んでみる気は…」
女3主「この人がギガデインを喰らってる間に次の注意へどーぞ」
女4主「7主君達、よろしくね!」


6名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 03:08:24 ID:holQBjjX
7主「僕達はネタを読む人、感想を書く人への注意をするよ」
トルネコ「まず始めに、面白いと思ったネタにはどんどん感想を書いて下さいね」
剣神「ネタへのレスは、何よりも職人さんがネタを書く原動力になるのでござる! 」
7主「もし、イヤな感じのネタがあったら…」
トルネコ「つまらない・不快なネタはスルーすることが基本ですよ」
剣神「不快に感じたネタに関する意見は、まとめサイトから行ける批評掲示板に書いて欲しいんでござる」
7主「ネタ叩きはどうしてもスレの雰囲気を悪くしてしまうから、ね」
トルネコ「ど〜うしてもここで意見を言いたいならば、くれぐれも柔らかい表現で頼みますよ!」
7主「熱くなりそうな時こそ、ここに書いてあることを思い出してね!」
剣神「平常心。サムライの心が肝要でござる!」
トルネコ「あとスレ違いの話題で盛り上がるのは避けてくださいね。職人さんがネタやりづらくなりますから」
剣神「過去スレのネタの話がしたい時、他にも何か気になることがある時は避難所に行くんでござる!」
7主「2主さんが言ってたように、避難所には『名無しがだべるスレ』ってスレがあるからね!」
トルネコ「それから2chの使い方や注意、マナーも守って下さい。おっとこれは言うまでもないですかな」
剣神「良い職人と良い読者で、良いスレを作るんでござるよ!」
7主「えっと、こんなとこかな。次は誰がいるの? 」
トルネコ「キーファさん達でしたかな?」
7主「…ふ…ふふふ…キーファがいるの…?」
剣神「と、トルネコ殿!その名は禁句でござるぅぅ!!」

7名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 03:09:32 ID:holQBjjX
キーファ「俺たちは外伝の主人公を紹介するぜ! 」
ルカ「キーファさんや僕達はドラゴンクエストモンスターズの主人公です。剣神さんは剣神DQの主人公」
イル「トルネコさんは不思議なダンジョンシリーズの主人公で、このスライムさんはスライムもりもりの主人公です」
スライム「ピッキピキー!」
キーファ「外伝とはいえ俺たちも主人公だからこのスレで活躍していいんだぜ!!」
ルカ「実際にはほとんど出番無いんだけどね…」
イル「キーファさん達は他のシリーズにも登場するけど…私達のことは知らない人も多いもんね…」
キーファ「なんだよ暗いなお前ら!俺に任せておけば出番なんていくらでも手に入るぜ!?」
ルカ「え、それホント!?」
イル「私達ももっと活躍できるの!?」
キーファ「当然!なんつったって俺は7主のマブダチだからな!」
ルカ「す、すごいやキーファさん!!」
イル「あっさり7主さんを捨てた人のセリフとは思えないわ!!」



テリー「トルネコは4のキャラ。剣神の奴は1がベース。7+4+1=12だ。
キーファの馬鹿は7のキャラ。イルとルカはDQM2のキャラ。スライムも1扱い。7+2+2+1=12だ。
………フッ………今回は俺が出るまでもなかった、か……」
キーファ「おっ! テリー!こんなとこにいたのか!なにブツブツ言ってんだ!?」
テリー「うるっせええええええええ!!!」

8名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 03:14:42 ID:holQBjjX
何か色々挟まれちゃってスマソOTL
スレ11の>>1がキッチリ30秒おきに書き込みしてるのに神を感じた

9名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 03:50:00 ID:/HcTCf7A
>8
そう言ってもらえると
タイムスタンプゲッター(修行中)として光栄だぜ ノ(*´∀`)

スレ立て乙!

10名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 06:52:09 ID:m1ULRhL+
>>1

4主と8主の組み合わせじゃなくて残念だ。楽しみにしてたから。

11名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 07:33:38 ID:+2LkVOHS
>10
避難所に良ネタ投下されてるから行ってみるといいよ。

12名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 09:05:48 ID:fNnsoxqd
>>1
スレ立て乙です!

>キーファ「当然! なんつったって俺は7主のマブダチだからな!」
>  ルカ「す、すごいやキーファさん!!」
>  イル「あっさり7主さんを捨てた人のセリフとは思えないわ!!」

これがツボったw

13名前が無い@ただの名無しのようだ :2005/10/30(日) 11:19:44 ID:TW/73fpC
スレ立て乙でございます。

141/5:2005/10/30(日) 12:08:29 ID:7yBuW99y
8主「一方ロシアは鉛筆を使った」
7主「プププ」
1主「HAHAHAHAHAHA!!!!!」4主「え、今のおもしろいの? えっ?えっ?」
7主「有名な話だよ」
8主「これはですね、アメリカは何億もかけてボールペンを…」
4主「説明しなくていいって…ほら、3主も帰ってきたし」
8主「4主さんはアメリカンなジョークはむいてませんね」
●●「…はぁ…」
1主「?」
4主「どうしたんだ? ため息なんかついて」
8主「名前が隠れてますよ」
3主「いいんだ…いいんだorz」
7主「なんだか深い訳がありそうだね」
●●「ああ…」
1主「話しなよ。協力するから」
4主「そうだ。仲間だしな」
●●「仲間か…ありがとう…絶対笑わないか? 特に8主」
8主「保障できません」
●●「…まあいい、順を追って話そう」
7主「うん。なんならこれ使う?」
つ『3主』
3主「ありがとう。実は、俺もそろそろ仕事に就こうと思ってな」
4主「いい心がけだ」
3主「っても、手に職があるわけでもないし、経験も無い。で、商人に相談してみたら知り合いの編集者を紹介されてな」
3主「で、話を聞いてみたらこれが中々良い人で、今までの冒険を本にでもまとめてみないかってさ」
8主「OKしたんですか?」
3主「いや、文才なんてないって断わったんだ。じゃあ、ちょっとコラムを書いてくれって言われて」
7主「コラムって新聞とかにあるアレ?」
3主「ああ、今回は雑誌だけど。まあ、それくらいなら頑張れるかなと思って承諾したんだよ」

152/5:2005/10/30(日) 12:09:21 ID:7yBuW99y
1主「別に凹むとこなんて一つも無いよな」
3主「ここまではな。それで、その編集者と別れた後、ふと、コラム書くならペンネームが必要かなと思ったんだ」
7主「そうだね」
3主「だろ? まあ適当に決めても良かったんだが、せっかくの機会だし、命名神に祝福してもらおうかな〜なんて思ったんだ」
4主「いつも面倒臭がりだったお前にしてはかなりの進歩だな」
3主「それが、失敗でした」
8主「? ?…話が読めませんね」
7主「まあ、聞こうよ」
3主「どんな名前にしようかな〜なんてちょっと楽しくなっちゃってさ」
1主「名前を決める機会なんてあんまりなりからな」
3主「で、色々考えた結果、『ロト』に決めたんだ」
4主「まさか本人がペンネームで名乗ってるとは誰も思わないだろうな」
3主「そうそう。いざ本を出すときに世界を驚かせようと思って」
1主「驚くだろうな」
3主「それで気持ち良くペンネームを伝えたんだよ…でも、断られた」
8主「何でですか?」
3主「『ロト』は神聖だからダメって」
4主「お前なのにな」
3主「そう、俺なのに。俺なのに! …それでものすげー高かったテンションも一気に下がっちゃって」
1主「そりゃあ下がる」
3主「もうなんかどうでもよくなっちゃって、適当に入力したんだ。どうせ採用されないならってさ」
7主「ま、まさか…」
3主「そしたら命名神とやらがマジギレしたらしくて」
4主「おいおい」
●●「こんな名前になってしまった」
8主「わかりました。3主さんは今凄い名前なんですね」
●●「ああ」
8主「見せてください」
●●「そうくると思ったよ。ほら、笑うなら笑え」

チンポコ「…」

163/5:2005/10/30(日) 12:10:07 ID:7yBuW99y
4主「うわっ…」
7主「プププププw」
8主「ちょっwwww」
1主「笑いたいが…笑いたいが…先祖がチンポコは嫌だーーー!!!orz」
チンポコ「…すまん1主。死んで詫びるorz」
1主「ちょっ、神聖なロトの剣で切腹なんかするなよ」
チンポコ「うるせえ! 名前がチンポコになった奴の気持ちなんかわかるもんか!」
4主「ま、まあ落ち着けよ…」
チンポコ「ちょっと勢いで言っちゃっただけなのに…しかも『お前は一生その名前のままだ! 』とか言われたし…」
8主「(ノ∀`)アチャー」
チンポコ「俺、もう絶対部屋から出ない」
7主「ひきこもらないでよ」
8主「ひきこもりニートですか…試合終了ですね」
1主「俺、消えたくないよ…」
ガチャ
4主「誰だ? …って6主か」
6主「話は聞かせてもら…」
7主「ちょっと向こう行ってて」
6主「いや、だから話は…」
8主「6主さんが来ると5倍は話がややこしくなります。しばらく寝ててください」
チンポコ「orz」
6主「…えてやるのに」
1主「ああ、まいったなあ…」
6主「教えてやるのに」
8主「6主さん、何か言いました?」
6主「さあ、命名神の怒りを買ったときの対処法なんて知らないよ、知らないよ」
8主「…4主さん」
4主「まかせろ」
6主「ちょっお前らが無視をするから悪いんだぞなにをするやめろ」
7主「あ、8主。そこはこうやって結ぶと逃げられなくて楽しめるよ」

174/5:2005/10/30(日) 12:10:49 ID:7yBuW99y
6主「ぐぇぇ」
4主「さて、何か言うことはあるか?」
6主「チンポコって素敵な名前だと思うよ」
8主「まだ吐きませんか。7主さん」
7主「はいよ。それっ」
ぐいっ
6主「ぐぇぇぇ」
1主「ご先祖様、もう少しの我慢だぞ。今、皆が頑張ってくれてるから」
チンポコ「楽しんでるように見えるが…」
1主「そんなわけないだろ! 皆ご先祖様のために嫌々6主を拷問してるんだぞ」
チンポコ「そうか…そうだよな。ありがとう」
6主「わ、わかった。言うから許してくれ…」
8主「まだまだー!」
7主「はいよっ! それっそれっ」
ぐいっぐいっ
6主「ぐふっ」
4主「ちょっ、お前らやりすぎ!」
1主「…」
チンポコ「…」

6主「死ぬかと思った…」
8主「死んでましたよ」
4主「ま、まあその話は良いじゃないか。6主、どうやったら3主の名前は元に戻るんだ?」
6主「…腑に落ちないところがいくつかあるが、まあいいだろう。3主の名前を元に戻す方法は…」
チンポコ「方法は?」
6主「命名神の中の人に5000ゴールドつかませる」
1主「そんだけ?」
6主「ああ」
7主「しょぼっ」
4主「とにかく、方法はわかったんだから、急いで元に戻そう」
チンポコ「よし、わかった。………4主、5000ゴールド貸してくれ。金持ってない」
4主「金なら貸してやるからさっさと行ってこい!」

185/5:2005/10/30(日) 12:11:29 ID:7yBuW99y
7主「3主大丈夫かなあ」
1主「アホな先祖だからなあ…」
●●「誰がアホだよ…」
1主「え、あ、いや、誰のことかなあ」
8主「名前また隠れてますよ」
●●「ああ…名前を変えるには変えれたんだが…」
4主「じゃあ何でまだ隠れてるんだ?」
●●「ああ、こういうことなんだ」

サンシュ「…」
1主「もう何が何やら…」
4主「…漢字が使えないんだな?」
サンシュ「そうだ」
8主「(ノ∀`)アチャー」
サンシュ「OTL」
7主「なんとかならないかなあ…」
8主「もうデータ消して最初からやり直すくらいしか…」
サンシュ「やっぱりそうか…」
4主「せめて名前を変える前のデータがあれば…」
サンシュ「あ!」
1主「どうした?」
サンシュ「そういやあ、昨日アリアハンで王さまと話して以来冒険の書つけてないや」
7主「え?」
サンシュ「てへ」
1主「てへじゃねえよ。アホ先祖」
サンシュ「アホじゃねえよ」
4主「と、いうことは今3主が死んだら即アリアハンだな」
サンシュ「ああ、そうだが…ってまさかお前」
4主「よし、皆行くぞ」
「ギガデイン…ラマ!!」
サンシュ「ぬわーっっっ!!!」

19名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 12:24:25 ID:Dsd4u+tq
>>18
1主wwwww

20名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 12:37:59 ID:+2LkVOHS
> 7主「あ、8主。そこはこうやって結ぶと逃げられなくて楽しめるよ」
何でそんなに詳しいんだよこいつwww

21名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 12:47:35 ID:K2CEsfal
6主「6主と」
7主「7主と」
8主「8主で」
678主「「「21ゲット!!!」」」

6主「よっしゃ! このスレ初キリ番だ!」
8主「6主さんって一番風呂とか好きそうですよね」
7主「(僕は前スレで1000とりたいなぁ…)」

22名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 13:15:27 ID:n8NiTpWV
>>14-18
ラマww
相手にされない上に拷問までされる6主カワイソスw

23名前が無い@ただの名無しのようだ :2005/10/30(日) 13:33:47 ID:1ctapiPL
「ぬわーっっっ!!!」は5主以外がいってもウケルw

245主:2005/10/30(日) 15:08:51 ID:mTa2CsMN
僕の重婚以外の数少ない特徴なのに・・・_| ̄|○

25名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 16:48:52 ID:3/I9VsKr
五主は不幸とか双子とかかなり個性的だと思うよ

26名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 17:27:08 ID:WFG+5RoO
>>24
待て、厳密に言えばそれはお前の親父の特徴だ。
所詮人のふんどしで相撲を取ってるに過ぎん。

それも個人の特徴としてOKだというなら
2主は自分の勧めたものを相手に拒否されたら「我侭言うな」で無限ループし
3主は覆面パンツでフィールドを闊歩し
4主は死ぬときは落雷死
6主は眠ってる時はムドーだということになってしまうではないか!

まーそうなっても一向に構わない気もするけどよw

27名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 18:24:52 ID:fSu6PGo4
今の5主は昔キャラが欲しいと嘆く6主のようなオーラを感じる。

28名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 19:05:07 ID:EaYAupUw
一時期嫁さんとえらい活躍してたからいいじゃないか

29名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 19:09:02 ID:WSj3ubOX
>>26
7主は氷漬け

8主は家出して行方不明になった上に、会わせてもらえない恋人の家の近所で死体で発見

って書くとまるで放蕩息子がストーカーしてて相手の家の前で野垂れ死んだみたいだ

30名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 19:59:58 ID:GgWe6RdE
何度見ても
主人公sの父親は
ロクデナシだ


31名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 20:37:30 ID:meIwZDAp
1主父は? w

32名前が無い@ただの名無しのようだ :2005/10/30(日) 21:06:10 ID:CdeK6j0x
消息不明・・・w

33名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 21:37:36 ID:fkxWINLH
2父「どうも。息子を銅の剣とすずめの涙程度の金で息子をほっぽり出した2父です」
3父「どうも。嫁と子供を残して逝ってしまった3父です」
4父「どうも。天空人と禁忌の恋をした4父です。マスドラヌッコロス」
5父「トンヌラ」
6父「どうも。元魔王の6父です」
7父「どうも。普通の漁師の7父です」
8父「どうも。王族の身分を捨てた8父です。竜神王にグルーノヌッコロス」

34名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 21:43:07 ID:khiktaSp
>>33
つ[覆面パンツ]

35名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 22:00:59 ID:fz1AETQP
1父「どうも。存在が確認されてません」

36名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 22:08:48 ID:fSu6PGo4
>5父「トンヌラ」
クソワロタw

37名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 22:31:59 ID:Pm5vgg2f
3主「なんでオレらってヒャドが使えないんだろうな?」
1主「ヒャドって何だ?」

38名前が無い@ただの名無しのようだ:2005/10/30(日) 22:48:45 ID:vAHlM2aX
今から10レス投下しますね。

391/10:2005/10/30(日) 22:49:41 ID:vAHlM2aX
1主「はぁぁぁぁぁぁぁ…」
7主「1主さん、どうしたの? 口からエクトプラズムが出ているよ。」
1主「いや…ちょっとローラの事でな。」
7主「何かあったの?」
1主「俺に尽くしてくれるのは嬉しいんだが逆に疲れるんだ。」
7主「う〜ん…ある程度は距離を置きたいって感じ?」
1主「そんな感じだ。」

プルルルル…プルルルル…

7主「あっ、ローラフォンだ。」
1主「ま、まずい! もしもし!!」
ローラ「1主様…私の事がキライなのですか? そんな、ひどい。」
1主「そ、そんな事無いよ。俺にはローラしか見えないよ。」
ローラ「嬉しいですわ。ぽっ」
1主「俺にはローラが一番さ。もう少ししたら帰るからまたな。」

ガチャッ

1主「ふぅ…」
7主「相当病んでいるね。」
1主「ちょっと帰るわ、またな7主…」
7主「うん…」

402/10:2005/10/30(日) 22:52:25 ID:vAHlM2aX
翌日…

7主「1主さんの力になれないかなぁ…あっ! 」

4女「ギガデイン!」
5主「ぬわーーーーーーーっ!!」
7主「いっ、いきなりどうしたの? 4女さん。」
4女「まったく、奥さん達がいるのにデートにしつこく誘ってくるのよ。」
5主「ははっ…ちょっときつかったな。」
7主「ベホマ。5主さんは合い変わらずだね。そうだ、4女さんと5主さんに相談があるのだけど乗ってくれないかなぁ?」
4女「7主君、何があったの?」
7主「ちょっと1主さんの事なんだけど…」
5主「パパに話してみなさい。」
4女「誰がパパよ!」

7主「実は…」

7主は経緯を二人に話した。

413/10:2005/10/30(日) 22:54:22 ID:vAHlM2aX
4女「なるほどね…1主はそんなに困っているわけなんだ。」
7主「うん。5主さんはどう思う? 」
5主「確かに1主の気持ちは理解できるな。しかし、ローラはより押して迫ってるわけだ。」
4女「でも一方通行じゃ好意があっても相手にとっては厳しいものがあると思うわ。」
7主「僕は受け身だからあんまり気にしないけど、解決策はあるかなぁ…」
5主「ふっふっふっ。僕は一国の王だぞ。良い戦略がある。まぁ酷な内容だけどね。」
4女「本当!?」
7主「どんな案なの?」

5主「かくかくじかじか…」

424/10:2005/10/30(日) 22:56:19 ID:vAHlM2aX
4・7「なっ、なんだってー!? 」
5主「これはセクシーでエロカワイイ女性がいるから出来る策なんだ。」
4女「エロカワイイは余計よ!でもこれはひどすぎるわ!」
7主「僕も逆に油に火を注ぐ結果になると思うよ。」
5主「それは1主とローラ次第なんだ。最悪の結果なら二人の絆が浅はかだったって言う事だよ。」
7主「かなりスリルがある計画だね。」
5主「その通り。しかし、大事な仲間が困っているんだ。見過ごす訳にはいかない。
  わずかな可能性に賭けるしかない。だけど成功したら二人にとってかなりプラスになる。」
7主「さ、さすが一国の王だね。8主よりも腹黒いよ。」
5主「こういうのはマッチポンプ効果って言うんだよ。要するに何事もバランスが大事って訳さ。」
4女「ちょっと私も8主みたいな役割になるけどやってみましょう!この計画に乗ったわ!しかし、あの方達も力になってくれるかしら?」
5主「その点は僕に任せて。力になってくれるさ。」
7主「ぼ、僕も頑張る。」
5主「二人ともよく決意してくれて感謝する。では実行あるのみだ!いいな!」
4・7「ラジャー!」


435/10:2005/10/30(日) 23:00:02 ID:vAHlM2aX
数日後…
7主「ローラさん、こんにちは。」
ローラ「あら、7主さんこんにちは。今日はどうされましたか? 」
7主「実は1主さんと釣りをしていたのですけど面白いからローラさんを呼んできてくれって頼まれたのですよ。一緒に来て頂けませんか?」
ローラ「わざわざすみません。喜んで同行しますわ。」
7主「ではご案内しますね。」

7主「お〜い! 1主さ〜ん。あれっ? 」
ローラ「どうしましたか?」
7主「4女さんと1主さんが話していますよ。どうしたのかな?ちょっと待ちましょう。」

446/10:2005/10/30(日) 23:01:15 ID:vAHlM2aX
4女「1主。最近ローラさんとどうなの? 」
1主「仲良くやってるよ。」
4女「嘘ばっかり。」
1主「な、何言ってんだよ。」
4女「私には無理しているように感じるわ。ローラさんと会話する事に気をつかっているみたい。」
1主「そ、そんな事ない…」
4女「もし、ローラさんと別れてくれて私と一緒になってくれるのなら絶対に無理させないわ。私は1主の事をわかっているオンナのつもり。
  それに私も格好いい彼氏が欲しいだもん☆お・ね・が・い。」
1主「うっ…そ、そうしようか、な?無理するのもしんどいからな…」
ローラ「う…嘘…そ、そんな。1主様が。こんな事って…うわぁぁぁぁぁぁ〜ん! 」
1主「ロ、ローラ?まさかいたのか?ま、待ってくれ!」
4女「いいじゃない。ローラさんより私と一緒にいてね。だぁりん☆」


457/10:2005/10/30(日) 23:02:21 ID:vAHlM2aX
ローラ「1主様…1主様…」
5主「ローラ姫、どうしました? 」
ローラ「あ…ご、5主さん。」
5主「どうされましたか?私で良ければ話を伺いますよ。」
ローラ「実は…私は1主様に捨てられたのです。もう死にたい気分です。」
5主「姫。落ち着いてください。私の妻達と相談したら解決策が見つかるかもしれません。私も力になりますから一緒にグランバニアに行きましょう。」

ローラ「しかし、よろしいのでしょうか? 」
5主「気にしないでください。独りで悩むより誰かに打ち明けた方が気分的にも楽になりますから。」
ローラ「わ、わかりました。」
5主「では、私に捕まってください。ルーラ! 」

468/10:2005/10/30(日) 23:03:20 ID:vAHlM2aX
5主「ただいま。」
ビアンカ「お帰りなさい。あなた。」
5主「今日はローラ姫を連れてきた。」
ローラ 「こんにちは…」
フローラ「まぁ、何かあったのかしら。ローラさんの顔色が蒼白ですわ。」
5主「実は…」

5主は経緯を二人に話した。
ビアンカ「なるほどね。1主が浮気した訳ね。1主とローラさんの仲の良さは世界一ィィィィィィィィッ! って聞くのに。」
フローラ「ジョジョネタやっている場合じゃないですわ。それよりひどいですこと。私達なら山彦メラゾーマの刑ですわ。」
5主「おいおい二人とも我が家の事情を話したらダメじゃないか。それより解決策はあるか? 」
ローラ 「も、もういいです…わたしは…」
ビアンカ「簡単に諦めてはいけないわ!私達も力になるから。」
フローラ「そうです。1主さんが本当に好きなのなら頑張らないといけないですわよ。」
ローラ 「あ、ありがとうございます。」
5主「話は進みそうだから女性同士で解決策を決めてもらうよ。男がいたら話しにくいからね。二人共頼んだよ。」
ビアンカ「まかせて!」
フローラ「了解ですわ。」
ローラ 「宜しくお願いします。」
5主(よしよし、スムーズに進んだな。)

479/10:2005/10/30(日) 23:04:56 ID:vAHlM2aX
ローラ 「で、どうするのです? 」
ビアンカ「ローラさんが4女になりきるのよ。」
ローラ 「な、なんですって?」
フローラ「4女になりきって1主さんの真意を聞き出すことですわ。例えば5主とヘンリーさんの様な友人しか話せない事を聞き出すって訳です。」
ローラ 「な、なるほど…」
ビアンカ「1主さんとローラさんの仲の良さは本物だと思うの。しかしローラさんにも何か原因があると考えられるわ。」
ローラ 「わ、わたしは1主様に今までつくしてきたつもりですわ! 」
フローラ「でも、ローラさんがそのつもりでも1主さんにとっては苦痛になるという事です。対等に理解しあう事も必要って訳です。」
ローラ 「で、でも…」
ビアンカ「ローラさん。1主も私達も人間よ。上手く事が進むことに対して抵抗感はないけど、逆に失う事は恐いの。
1主はローラさんを失う事に対して悩んでいたと思うのよ。だからその点をよく考えるべきよ。」
フローラ「ローラさん気持ちも理解できますが、大好きな人の事もわかってあげてくださいね。私達人間は感性がある生き物ですから。」
ローラ 「は、はい…」

ビアンカ「それなら決まりね! 私が4女の話し方を担当するわ。」
フローラ「そして、私がメイクアップを担当します。」
ビアンカ「では、特訓をはじめるわよ。」
ローラ 「はい!」

4810/12改行でミスったorz:2005/10/30(日) 23:10:16 ID:vAHlM2aX
作戦実行日。
※ローラの外見は4女です。

フローラ「ついにこの日が来ましたね。」
ビアンカ「ローラさん頑張って! 」
ローラ 「二人ともありがとう!」
5主「特訓の成果が出ているな。二人共良くやってくれた。偶然に1主から会う様に頼まれたから行ってくる。4女と一緒に来てくれと言われてあるから。姫、後は貴女次第ですよ。」
ローラ 「はい。」
5主「では行きますよ。ルーラ!」

1主「よぉ。今日は悪かったな。」
5主「いいって事よ。お安い御用だ。」
ローラ(1主様…)
5主「しまった!悪い1主。妻達をベッドで待っているからちょっと戻るわ!戻らなきゃ山彦メラゾーマの刑だからすまん!じゃあな!」
1主「昼間からかよw相変わらずだな。またな。ごめん、待たせたな。」
ローラ「今日はどうしたの? 5主と私を呼び出したりして。」
1主「5主に間を入って貰うつもりだったけどな。すまないが…俺と別れてくれ!」

4911/12:2005/10/30(日) 23:11:26 ID:vAHlM2aX
ローラ「どうして? 気楽なオンナは嫌なの?」
1主「俺、やっぱりローラじゃないとダメなんだよ。無理してでもかっこつけたいんだ。ローラがいなくなってから何かがぽっかり開いた日々だった。
  ローラの期待に答えられるかわからないけどあいつとは例え1分…いや、1秒でも多く一緒にいたいんだ。だから…ごめん。気に食わないのなら俺の死で詫びる事にする。これが俺の答えだ…」
ローラ「…………………ありがとう。私を選んでくれて。」
1主「キ、キミは…まさか…ローラ?」
ローラ「はい…」
1主「会いたかった! 」
ローラ「い、いきなりどうされたのです?」
1主「…………………。」
ローラ(泣いている…?)
ローラ「い、1主様、わたし。誤らなければいけない事が…」
1主「そんな事どうでもいい!」
ローラ「いえ、これはきちんと話しておかないといけない事です。私の我儘で1主様を困らせてごめんなさい。」
1主「わかった…人は擦れ違いで過ちは犯すものだから二度と繰り返さなければいい事だ。だから、これからもよろしくな。」
ローラ「はい…」


5012/12:2005/10/30(日) 23:14:44 ID:vAHlM2aX
※ローラは元の髪型にもどってます。

7主「うわっ!!」
1主「な、な、な、7主? お前何時の間に?」
ローラ (////////////)
4女「バ、バカっ!7主君何こけているのよ!あっ!しまった…」
1主「よ、4女まで!?」
5主「ブ、ブラボー!おおっ…ブラボー!」
1主「なぜ帰ったはずの5主が?いったいどうなっているんだ?」
5主「ばれたら仕方がない。正直に話すか。」
1主「お、お前らいったい何したんだよ?出歯亀しやがって。」
5主「そんなに怒らないでくれよ。7主から相談があったんだ。1主が悩んでいたから助けてくれって。」
1主「えっ…?」
7主「うん。1主さんがとても辛そうだったから…どうしても力になりたかったんだ。」
4女「だから5主に全ての計画を起ててもらったのよ。私達仲間じゃない。一人で苦しまずに力合わせて解決したかったのよ。だから…余計な事してごめんね。」
1主「じゃああの誘いは?」
4女「勿論芝居よ。上手くいくとは思わなかったけどね。」 1主「orz」
ローラ 「皆様本当にありがとうございます。この喜びをどう表現すればいいのかわかりません…」

1主「すまなかったな…ありがとう、みんな。」
5主「いいってことよ。酷なやり方だけど結果的には上手くいって良かった。そうそう、妻たちがこれからの二人の幸せを祝って7主が採ってきた新鮮な魚と4女が栽培している有機性野菜で料理を作って持ってきてくれるんだ。期待してくれよ。
  それに…お前の覚悟も見れたしな。すばらしい男っぷりだったぞ。息子にも見習せたい位だ。」
4女「さすが初代主人公ね!勇者とか関係無しに人間としてかっこいいわ。」
1主「照れるな…ははっ…」
7主「みんな〜!ビアンカさんとフローラさんが来たよ〜」
5主「おおっ!シャンパンもあるじゃないか。」
ビアンカ「やっぱり1主とローラさんには幸せになってもらわなくっちゃ!」
フローラ「みんなで二人を祝福しましょう。」
1主「ありがとうございます。わざわざシャンパンまで準備して頂いて。」
5主「よーし。グラスを持ったかい?みんな。僕が代表で言わせてもらうよ。1主とローラ姫のこれからの幸せに乾杯!」
全員「乾杯!」

▲上へ

[次]/ [前スレ] /[目次]